「夢で逢えたら」はダウンタウンにウッチャンナンチャンに清水ミチコに野沢直子に、そしてユニコーン「スターな男」だった

Photo:Unicorn By:hamur0w0

Photo:Unicorn By hamur0w0

「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」に野沢直子が講師役で出演しました。

ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、清水ミチコと共演した「夢で逢えたら」。伝説のコント番組として名高いこの番組、ぼくも小学生ながら土曜の夜を毎週楽しみに見ていたものです。

どれくらい伝説的にすごかったかというと、土曜の深夜23時半にして、最高平均視聴率が20.4%!

最近のゴールデンタイムですら10%越えで高視聴率ですから、「夢で逢えたら」の数字は化け物です。

松ちゃんとウッチャンのからみ、ナンチャンに突っ込む浜ちゃん。歌う清水ミチコに、暴走する野沢直子。
6人が自由に動いているようで、それでいてお互いの良さを引き出して、笑いに繋げる。今思うと、そんな奇跡的なコンビネーションで出来上がっていた番組だったように思います。

「しくじり先生」では野沢直子の「夢で逢えたら」降板本当の理由が語られましたね。
共演者といえど、ライバル。ダウンタウンやウッチャンナンチャンの才能にやられてしまったんですね。
その結果、逃げるようにアメリカに行った、と。

さて、「夢で逢えたら」といえば、オープニングテーマにメジャーアーティスを使っていることでも有名です。
サザンオールスターズやリンドバーグもオープニングを歌っていたんですが、ぼくが一番覚えているアーティスト、

それが「ユニコーン」ですね。

スポンサードリンク

「夢で逢えたら」4代目テーマ曲「スターな男」

ユニコーンはオープニングテーマを担当。「働く男」と「スターな男」の2曲がテーマ曲として使われていたようですが、ぼくの印象に残っているのは「スターな男」の方です。

「♪ようこそここへ、噂のロックンロール〜」から始まる軽快なロックを聴いたらもう、「夢で逢えたら」が始まるんだとワクワクしたものです。

名作アルバム「ケダモノの嵐」収録曲ではありますが、この「夢で逢えたら」の番組で使用された曲はアルバム版ともシングルカット版ともアレンジの違うオリジナル。

「夢で逢えたら」でしか聴けない一曲だったんですね。題して「スターな男 〜VRESION Ⅱ〜」というそうです。

通常盤との違いは歌詞

通常の「スターな男」と「夢で逢えたら」使用の「スターな男 〜VRESION Ⅱ〜」の違いはメロディ部分の歌詞です。

通常盤では「だけども誰にも言えません 私のあの娘は平凡 無趣味 掃除好きの 地味な女  夜が明ける頃 おうちで待ってる」
と歌っているところを、「夢で逢えたら」バージョンは、こんな感じで歌っています。

夢ならこのまま醒めないで
 グラマなあの子も当然その気
たまにちゃんと電話入れて
夜が明けるまでおうちに帰らない

作詞は阿部義晴です。番組のイメージに沿った遊び心ですね。

資生堂のCMタイアップしたときに奥田民生も「これが私の生きる道」というPUFFYの曲を書き下ろしました。
タイトルに「私(し)、生(せい)、道(どう)」といれちゃうなんて、粋な計らいじゃないですか。

「スターな男」にも、それと同じ気持ちが感じられます。

スポンサードリンク

ユニコーンは「夢で逢えたら」オープニングにも登場

ユニコーンの「夢逢」参加は楽曲提供だけじゃありません。番組冒頭のオープニングにちゃっかりメンバー全員、出演しちゃってます。

「夢で逢えたら」自体はDVD化もされていないので、youtubeにアップされているものを見るしか手段がなさそうですが、
ちょっと探した感じ「働く男」バージョンのオープニングはありますが、「スターな男」バージョンの方はアップされていないようです。

残念ですね。

記憶をうっすら辿って思い出してみると、「スターな男」バージョンのオープニングは、ナンチャンが突然香港にワープしてしまうんですよね。

残るメンバーが必死でナンチャンを探すんですけど、その途中、必死で走り回るナンチャンとすれ違う役でユニコーンが出演していました。

最後はメンバーと無事にナンチャンも会うことができて、空を見上げる。

みたいなオープニングだったと思うんですけどね。どこかでもう一度見てみたいものです。

ユニコーンをキャスティングするセンス

お笑いコント番組としてももちろん伝説的なくらい面白い番組でしたが、そこにユニコーンをプラスするセンス。

ダウンタウンもウッチャンナンチャンも大好きだったので、
本当に大好物ばっかりそろった思い出の番組でした。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP