wordpressにgoogle analyticsを導入する方法

2016年8月24日


Photo:Google By:dullhunk

Photo:Google By dullhunk

泣く子も黙るgoogleさんがお届けするアクセス解析google analytics。
wordpressに組み込んでみたので、その方法をメモります。

スポンサードリンク

googleアナリティクスでわかること

だれがブログを見ているの?

ブログを見に来た人の使用しているブラウザ、ディスプレイ解像度とかJavaを有効にしているのかとか、Flashが有効なのかとか、ブログを育てていくのに役立つ情報を入手することができます。
スマホからのアクセスが多いのかデスクトップPCからのアクセスが多いのかなど、必要に応じたカスタマイズをする参考になりますね。

どんな感じでブログを見てるの?

ブログのどのページを読んでいるかとか、どのくらいの時間アクセスしているかとか、どの記事が人気なのかがわかります。
最初にアクセスしたページを見ただけでブログから離れてしまう直帰率も確認できるので、直帰率の高い記事を減らすことも大切です。

いつアクセスしてるの?

1日のうち、どの時間帯のアクセスが多いのか少ないのかを確認することができます。
アクセスの多い時間のちょっと前に記事投稿予約なんかをしておけば、とっても効果的なタイミングで新着記事を投稿することができますね。

どこからアクセスしてるの?

あなたのブログにどうやってアクセスしてきたかがわかります。
検索エンジンからなのか、リンクを辿ってなのか、ブックマークから直接なのか。
どんな検索ワードでブログにアクセスしてきたかもわかるので、検索ワードをもとに新たに記事を追加するなんてこともできそうです。

どんなアクションをしてるの?

記事中のリンクがどれくらいクリックされているかがわかります。
特定の記事を見た読者が、他にどんなタイトルの記事にアクセスしたかがわかるので、関連する記事のつながりを強化して、たくさんのページにアクセスしてもらいましょう。

みたいなことがgoogleアナリティクスを導入しているとできます。

ということでWordPressにgoogle analyticsを設置するにはどうすればいいのか

その1 コードを直接貼り付ける

google analyticsのページにアクセス&ログインして、トラッキング用のコードを取得します。
そのコードを、wordpressテーマにコピペしましょう。
コピペするのは、header.phpです。
header.php内の &lt /head &mt タグの直前にトラッキング用コードを貼り付けましょう。

その2 functions.phpに追記する

以下のコードを書き加えると、直接header.phpに書き込むのと同じ効果になります。
[php]
<?php
add_action(‘wp_header’, ‘add_googleanalytics’);
function add_googleanalytics() { ?>
ここに取得したトラッキング用コードを貼り付ける
<?php } ?>
[/php]

その3 プラグインを使う

google analyticsを組み込むプラグインで人気のあるものをふたつほど。

プラグインを使う場合は、テーマの変更時にコードを貼り付ける手間がかからないのが魅力です。
が、wordpressのバージョンや環境によってはうまく機能しないなんてこともあるようなので、うまくいかなかったらコードを直接テーマに記入する方法でやってみると良いと思います。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP