誰かの役に立つかもしれない、誰もしない話を。

たった1分でコーヒーをおいしくする!コーヒー豆に加えるひと手間

家でコーヒー豆から挽いて飲むコーヒーは、
なんとも言えず美味しいと感じることがあります。

コーヒーをさらに美味しくする、ほんのチョットのひと手間。

早く飲みたい気持ちをほんのチョットだけ我慢して、
おいしいコーヒーを作りましょう。

きょうのひと手間はコーヒー豆を焼くです。

記事中アイコン

家で飲むコーヒーはもっと美味しくできる

コーヒー豆に命を与えるとも言われるのが「焙煎」
つまりコーヒー豆を焼くことです。
一般的には生豆(「なままめ」と読みます)を焼くことを焙煎と言いますが、
家庭では普通はやりません。
やってもうまくはできませんから。
それに大変だし。

やって、すでに焙煎されているコーヒー豆を買ってきて、
「豆を挽く」ところから始めるのが普通ですよね。

でも、チョット待った

豆を挽くのをちょっとだけ待ってください

コーヒーを飲みたいと思う→豆を挽く

この欲求から行動に移る矢印の部分に、
いつものコーヒーができあがるか、
それともいつもと違うコーヒーができあがるかかの
分かれ道が潜んでいるのですっ
(※味の良し悪しに関しましては個人の感想ですけれど)

記事中アイコン

コーヒー豆も鮮度が命

魚や野菜と同じように、コーヒー豆も鮮度が大切です。

おつまみナッツみたいに乾いてる、乾きもののくせに鮮度が大切なんて
めんどくさいやつめ、と思いますが。

スーパーで買ってきたコーヒー豆は、
ちゃんとパックされてるとは思いますが、
それも家で開けるまでのこと。

一度開けてしまったら、その時から空気に触れて、
どんどん鮮度が落ちていきます。

とはいえ、一袋分の豆を挽いて飲むなんてことは無理ですし、
(カフェインの過剰摂取には気をつけましょう)

コーヒー飲みたいってときに、豆を挽くのがいいってもんじゃないですか。

劣化した豆を、鮮度の高い状態に近づければ、美味しいコーヒーになるわけです。
そこで騙されたと思ってやってもらいたいのが、
コーヒー豆を焼くことです。

記事中アイコン

コツは「焼きすぎず、焼かなすぎず」

①オーブントースターもしくはガスグリルに、アルミホイルを敷きまして
②そこに適量の豆を投入します。

あとは③豆に火を通すだけ

実際やってみると、思いの外あっという間に火が通り、
香りと豆から油が表面に浮き出て、ちょっと艶っぽくなります。

なんだか豆が生き返ったような気になります。(個人の感想です)

火を通した豆を、いつも通りにコーヒーミルで挽いていけば、
それだけでいつもと違うコーヒーのできあがりです。

簡単でしょ。

ポイントは火にかける時間です。
火が通りやすいので、あまり長い時間火をかけすぎると、
すぐに焦げてしまいます。

豆が焦げてしまうと、苦味が出てしまうので気を付けましょう。
自分の好きな頃合いに調整するように、時間を計ってみるのもいいですね

豆を挽くなら、こんな器具で。

コーヒーミルには電動のものと手動のものがありますね。
我が家で使っているのは手動のミルです。

ハリオ製のこちらです。

ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム スケルトン (ブラック) MSS-1TB 4977642707597【納期目安:1週間】

手動ミルを選ぶときのポイントがいくつかあります。

蓋が付いている

手動のコーヒーミルというと、

こんな感じのクラシックタイプがおしゃれでインテリアとして置いても良さげです。
しかし、ホッパー(上の豆を溜めておくところ)の蓋がついていないと
豆を挽いているときに、弾けた豆が飛び出して
周囲が散々なことになる可能性があります。

やですねー。

なので、蓋つきは絶対です。

ハンドルが使いやすい

豆を挽くにはある程度力を入れなければなりません。
そのときに回転させるハンドルが長い方が、軽い力で豆を挽くことができます。
テコの原理ですね。

ハンドルの持ち手の部分も、小さすぎず握りやすいものが便利です。

使用後に洗いやすい

豆を挽いた後には細かい豆のカスがコーヒーミル本体に付着してしまいます。
プラスチック部分には、静電気でカスが付着しやすく
洗うときなどに少々面倒です。

気になる場合はプラスチック部分の少ないものがよいでしょう。

作りが丈夫

コーヒーミルは可動部分に結構な負荷がかかります。
長い間使うためにも、回転軸やハンドルの作りがシンプルで丈夫なものを選びたいところです。

交換が簡単にできる

大事に使っていても、硬い豆をすり潰すので、ハン
ドルをうまく回せなくなったり、蓋が欠けたりする場合があるかと思います。
部品を破損したり紛失したりしたときに部品の入手ができるちゃんとしたメーカー製であることが好ましいです。

コーヒーは健康にもいい

コーヒーに含まれるカフェインは、 脂肪燃焼を促進する効果があります。

特に 運動をする20分から30分前にカフェインを摂取することで、効果的に脂肪を燃焼させることができます。

カフェインを摂取すると、血中の脂肪酸濃度が上昇し、脂肪燃焼を促進させることができるのです。

ほかにもコーヒーには抗酸化物質が多く含まれて居るので、
野菜や果物を取る以上にアンチエイジングに効果があるなど、
意外と健康的な飲み物なんですね、コーヒーって。

何事も飲みすぎは禁物ですが、そんな健康にもよろしいコーヒーを
おいしく飲む方法でした。

【キャラバンコーヒー】ブレンドコーヒー ダークロースト(旧ジャーマンロースト) 200g

偶然とは、努力した人だけに運命が与えてくれる橋である「猟奇的な彼女」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です