【ボクの100の基本】人に興味を持つ。世界に興味を持つ。食に興味を持つ。

2016年9月18日

Photo:2 By:mag3737

Photo:2 By mag3737

人に興味を持つ。
世界に興味を持つ。
食に興味を持つ。
スポンサードリンク

能動的であること

人に興味を持つ

アドラー心理学で言われていることがあります。

人間の悩みは全て対人関係の悩みである
アドラー心理学

もしも世界で自分ひとりきりだったら、悩みは生まれません。誰かといるから悩みは生まれます。(詳しくはアドラー心理学の本で)

それくらい自分以外の人の存在は、人生にとって大きいです。

そんな相手とどう接していくかは重要です。

自分では当たり前と思っていることも自分以外の人にとっては頭にくることだってあります。

人間はひとそれぞれ、だからこそ人に興味を持つ必要があって、違いを理解することが大切だったりすると考えます。

世界に興味を持つ。

僕らが住む世界に対しても同じです。

世界は腰が重いのであまり変わりません。

世界を変えたくなったら、自分がどんな色の眼鏡を掛けているかを把握して、自分の眼鏡の色を変えてしまった方が早いです。

世界を変えるのは実は簡単です。

見方ひとつで世界は変わります。

自分の興味の持ち方一つで、世界が変わります。

食に興味を持つ。

毎日同じ繰り返しになると心が鈍ってきます。

そんな時でも食に興味をもっていると、美味しいものを食べた時に感動することができます。

食事は毎日摂らなければならないものだから、食に興味を持つだけで、毎日感動するきっかけを持つことができます。

体を維持するだけではなくて、心も維持することができると考えます。

書籍はこちら

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP