インターネット契約で困った!?ビッグローブから最後の連絡がくる

Photo:DSC_5715 By:hetgallery

Photo:DSC_5715 By hetgallery

ーリングオフ宣言をしてビッグローブ光の契約解除をした顛末の4回目です。

クーリングオフしようと思った経緯(インターネット接続で困った!?ビッグローブ光をクーリングオフ)、
クーリングオフするための内容証明の書き方(インターネット接続で困った!?内容証明を書く)、
クーリングオフするための内容証明を送る(インターネット接続で困った!?内容証明を送る)については過去記事を参照してください。

発送していた内容証明が無事に届いてBIGLOBEから電話がかかってきました。

スポンサードリンク

BIGLOBEからの電話

内容証明で送ったので、解約の理由やら原因などを聞かれるのかと思いました。
しかし電話の内容はいたって事務的なものだけでした。

・契約の事実が間違いでないかの確認
・解約の意志の確認
・本人確認

以上。

まったく面倒なことなく終了です。
面倒なことといったら、オペレーターの方につながるまでに20分はかかったであろう、

「順番におつなぎしていますので、しばらくお待ちください」

の自動音声でしょうか。
しばらくって言って20分かかりましたよ。

クーリングオフの一番注意すべきこと

今回の一件で、クーリングオフの方法や注意点を調べて、そして実践しました。

今回はクーリングオフ先がBIGLOBEだったこともあって、面倒なことも起きず事なきを得ましたが、万一悪意のある相手だったりするとクーリングオフといえどやっかいなことになるだろうと想像できます。

なんといっても一番注意しなければいけないのは、

契約する前の事前確認です。

契約内容をハンコ押す前に確認するのはもちろんです。
その上で契約するものについて、そもそもどんなサービスなのかとか、代替手段として考えられるものは何かとか、調べておく必要性を感じました。

ネット上での情報も正誤ありますが、見極めることができれば有用です。

情報が氾濫するほど、情報にあふれた今だからこそ、自己責任で問われる部分の考え方を見直さないといけないと思いました。

そんなことを噺半分で聞いていただけると幸いです。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP