【ふるさと納税返礼品】受け取った寄附金額全国第9位・上峰町で「黒毛和牛」を申し込み!

2017年1月14日

Photo:Country view at Chino, Japan tilt-shift 茅野田園風景 ティルトシフト By:Urawa Zero

Photo:Country view at Chino, Japan tilt-shift 茅野田園風景 ティルトシフト By Urawa Zero

国の縁もゆかりもないような市区町村と出会えるのもふるさと納税の醍醐味なんですよね。

そんなわけで、今回も見知らぬ自治体に寄附してみました。
今回寄附したのは、佐賀県三養基郡上峰町です。

佐賀県三養基郡上峰町のプチ情報

佐賀県といえば何と言っても、ブランド牛佐賀牛が有名ですよね。

ふるさと納税でも人気の返礼品となっているようです。

上峰町のふるさと納税特設サイトでも紹介されています。

上峰町の南部・肥沃な大地で飼育されている黒毛和牛である佐賀牛は、
黒毛和牛の中でも最高級銘柄。

全日本牛枝肉コンクールで名誉賞(農林水産大臣賞だそうです)を
受賞するほどのブランドものです。

まさに黒毛和牛オブ黒毛和牛!!

口に入れた瞬間にとろけるように肉質は、まさに肉の最高ランクA5ランクならではの食感だそうです。

ふるさと納税への取り組み方が自治体ごとにそれぞれ違うのも、
ふるさと納税をするときのおもしろポイントのひとつです。

上峰町では、ふるさと納税を担当する部署名が

まち・ひと・しごと創生係

というようです。

すごい係ですね。ネーミングに、係というには収まらなさそうなスケール感を感じます。

おそらく、そのまち・ひと・しごと創生係の方が全力で取り組んでいる
上峰町ふるさと納税特設サイトがあります。

こちらのページを見ると、まち・ひと・しごと創生係はまち・ひと・しごと創生室になってますね。

室の方が、名前にはあってるし正しそうです。
係の方は誤植のようでちょっと残念。

ふるさと納税の特設サイトにはだいたい、寄附状況なんてものが掲載されています。

この寄附状況を見るのも、ふるさと納税のおもしろポイントのひとつです。

魅力的な佐賀牛を提供してくれる上峰町は、
2015年度の受け取った寄付金が全国第9位

その金額はなんと20億円超!!!
上峰町ホームページより)

自治体数は全国で1000以上ありますから、
その中でのトップ10入り。

さすがです。

人気の佐賀牛はもちろんですが、アイガモ農法で作られているお米も人気の返礼品のようです。

それぞれの自治体に寄附された件数と金額が年度ごとに掲載されていますが、
この上峰町、2014年から2015年の寄付額の伸びが半端ないですね。

2014年は、寄附件数が3件、寄附金額が400,000円。
2015年は、寄附件数が95,763件!寄附金額が2,129,960,000円!!

件数にして、3万倍!!寄附金額は5000倍超!!

2015年頃からまち・ひと・しごと創生室の方が本気出したんでしょうか。
全国からの寄附が集まったようです。

寄附もたくさん集まったっていうので、さらに上峰町をアピールする映像も制作したようです。
かわいらしい女の子が佐賀牛をゲットするために、地元クイズに答えていきます。

名付けて「いくちゃれ」

企画はベタですが、佐賀牛はほんとおいしそうです。

上峰町のココガイイ!

そんな佐賀牛が魅力的な上峰町ですが、返礼品を紹介している画像もまたすごいんです。

九州産みつせ鶏 砂肝スライス大盛り2000g
九州産みつせ鶏 砂肝スライス大盛り2000g

九州産みつせ鶏 正肉もも大盛り2100g
九州産みつせ鶏 正肉もも大盛り2100g

佐賀県産ふもと赤鶏 正肉むねギガ盛り6000g
佐賀県産ふもと赤鶏 正肉むねギガ盛り6000g

盛り方!
(※画像はふるさとチョイスより転載しました)

2016年12月のふるさとチョイスでのPV数全国2位になったとのことですから、
その注目度も半端ないようですが、
返礼品の盛り方も半端ないです。

上峰町独自の飼料と広々とした鶏舎で育てられた『みつせ鶏』だそうです。

みつせ鶏は、

養鶏に長い歴史のあるフランスにルーツを持つ、優良肉用鶏の親から生まれた赤鶏
上峰町|ふるさとチョイス

だそうで、

「コクがあり深まる旨み」と「なめらかで弾力性に富む」
上峰町|ふるさとチョイス

という特徴があるそうです。

2016年度は黒毛和牛で申し込んだので、次はみつせ鶏もいいかもって思っちゃいますね。

各地の魅力的な食材をいただけるのもふるさと納税の醍醐味なんですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP