手のひらファミコンvsPS4pro 11月10日同日発売のスペック比較。その差は圧倒的!

手のひらファミコン

ンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ、かつて一世を風靡したいわゆるファミコンのリメイク版が11月10日に任天堂より発売されます。
そして、同じ11月10日はsonyからプレイステーション4pro(PS4pro)も発売されます。

期せずしてライバル会社のメインブランドが一騎打ち。

手のひらサイズのファミコンと最新版プレステのスペックを比べてみました。

スポンサードリンク

手のひらファミコンてドンナカンジ?

「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピューター」は、1983年に発売された家庭用ゲーム機「ファミコン」の本体サイズを、60%に小型化した手のひらサイズファミコンです。

手のひらファミコンの収録タイトルは?

30タイトル

1980年代に大ヒットしたレジェンド的名作30タイトルが収録されていて、カセットの交換なしにゲームを楽しむことができます。

収録されている30タイトルは名前を聞くだけで、思わず胸が熱くなってしまう人もいるのではないでしょうか。

タイトル 発売日 メーカー名
ドンキーコング 1983/7/15 任天堂
マリオブラザーズ 1983/9/9 任天堂
パックマン™ 1984/11/2 ナムコ
エキサイトバイク 1984/11/30 任天堂
バルーンファイト 1985/1/22 任天堂
アイスクライマー 1985/1/30 任天堂
ギャラガ™ 1985/2/15 ナムコ
イー・アル・カンフー 1985/4/23 KONAMI
スーパーマリオブラザーズ 1985/9/13 任天堂
ゼルダの伝説 1986/2/21 任天堂
アトランチスの謎 1986/4/17 サンソフト
グラディウス 1986/4/25 KONAMI
魔界村 1986/6/13 カプコン
ソロモンの鍵 1986/7/30 テクモ
メトロイド 1986/8/6 任天堂
悪魔城ドラキュラ 1986/9/26 KONAMI
リンクの冒険 1987/1/14 任天堂
つっぱり大相撲 1987/9/18 テクモ
スーパーマリオブラザーズ3 1988/10/23 任天堂
忍者龍剣伝 1988/12/9 テクモ
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎 1988/12/24 カプコン
ダウンタウン熱血物語 1989/4/25 テクノスジャパン
ダブルドラゴンII ザ・リベンジ 1989/12/22 テクノスジャパン
スーパー魂斗羅 1990/2/2 KONAMI
ファイナルファンタジーIII 1990/4/27 スクウェア
ドクターマリオ 1990/7/27 任天堂
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 1990/10/12 テクノスジャパン
マリオオープンゴルフ 1991/9/20 任天堂
スーパーマリオUSA 1992/9/14 任天堂
星のカービィ 夢の泉の物語 1993/3/23 任天堂

タイトル名とパッケージを見るだけで、もう胸が熱くなります。

1人プレイや2人プレイできるものから、アクション/RPGまで、しかも任天堂だけではないメーカーのソフトも含まれ、これぞファミコンというラインナップです。

手のひらファミコンの画質はドウナノ?

手のひらサイズながらも、最先端にアップデートされています。

HDMIケーブルでテレビやディスプレイに接続することができ、電源はUSB端子から供給されます。ACアダプターはなくてもOKです。

さらにさらに、HDMIケーブルで現在のHDテレビに接続すると、画面がくっきりしすぎてしまいファミコンの雰囲気が出ないことを嘆くオールドゲーマー向けに、アナログテレビモードも搭載されています。

「アナログテレビモード」は、ブラウン管テレビのボケ味や捜査線まで再現しているという凝りようらしく、製作者の意気込みがわかります。

手のひらファミコンの使い勝手はドウナノ?

そうかと思うと、操作性の向上も図られています。リセットボタンを押すことで、ゲームの途中どんなところでも中断してセーブできる設定に。その中断ポイントはゲームごとに4つまで残せるので、1人プレイのゲームも一本のゲームを家族みんなで順番にやることもできます。

手のひらファミコンの値段はオイクラ?

メーカー希望小売価格は5,980円。楽天などでは予約ができなくなるほど、人気が出ています。

名作タイトルのプレイシーンはyoutubeで見れる

「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ」に収録される30タイトルをプレイした「ゲームセンターCX」の過去公開映像を、youtubeのNintendo公式チャンネルで再公開もされています。ファミコン時代のゲームの雰囲気を楽しむのも一興です。

しかし惜しむらくは、タイトル数を増やせないことですね。
ダウンロードなどでのタイトル増加や変更はできないようです。

PS4proってドンナカンジ?

一方、PS4のアップグレード版として発表されたPS4pro
最先端の家庭用ゲーム機ということでスペックも半端ないですが、サイズ、価格もファミコンと比較すると半端ないです。

Single-chip custom processor
CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU : 4.20 TFLOPS, AMD Radeon™ based graphics engine
メモリ GDDR5 8GB

AV出力端子も4K対応です。

Pro:HDMI®出力端子(4K/HDR出力対応)
光デジタル出力端子
現行機:HDMI™出力端子
光デジタル出力端子

グラフィックは4Kテレビにも対応するほど向上しています。フルHDのテレビから単純に比較すると解像度にして4倍に向上。

HDR出力にも対応しているおまけつきで、ダイナミックレンジが広がることで、より肉眼に近い描画力になるようです。

その代わりと言ってはなんですが、本体自体の重量もアップ、消費電力のアップもおまけつきです。

外形寸法:295mm×55mm×327mm

質量:約3.3kg

消費電力:最大310W

そんな最先端家庭用ゲーム機PS4proの価格は44,980円(税別)。高いと見るか安いと見るかは、むむむなところです。

そんなわけでスペック比較表

まったく使用用途もゲーム性も異なる手のひらファミコンとPS4proですが、比較できるところを表にまとめてみます。

手のひらファミコン PS4pro
タイトル 名作ぞろいだけど、30タイトルのみ。増やせない。 ソフト買えるおこづかい分だけ増やせる
サイズ 手のひらサイズ だいぶでかい
ケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル
画質 お好みでブラウン管テレビ画質に 4Kテレビ対応、HDR出力対応。ほぼ肉眼?!
値段 おサイフにやさしい¥5,980(税別) ちょっとしたひとり旅できる¥44,980(税別)
気持ち 胸に熱いものが込み上げる 最先端に興奮する

道具として比較するとPS4proの圧倒的スペックの前に手のひらファミコンはなすすべがないです。

が、圧倒的に欲しいのは手のひらファミコンですね。

子供の頃に夢中になった思い出には、どんな最先端映像もかないません。
まあ、新しいゲームはゲームでとても楽しいものですが。

そんなことを話半分で聞いていただけたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP