dolipoを一時的にやめるときにしたこと

どうも。トンネル多め らいぱちです。
dolipoって使ってますか?
仕組みはいまいちわかりませんが、インターネット接続が高速化するすごいやつです。
たいした設定はないので、ずっと前に導入したまま現在にいたっています。
それが今回ちょっと問題が起きまして。
どうやらその問題の原因がdolipoにありそうということがわかりました。
というわけで、いったんdolipoを停止させようと奮闘したものを
メモ代わりに残します。

dolipoの終了だけではダメ

dolipoの使用を停止するには、アプリを終了するだけでは足りません。
同時に「設定したプロキシも元の設定に戻す」必要があります。
dolipoを終了させた後、プロキシの設定を元に戻さないで
インターネットに接続しようとすると、
ブラウザに「プロキシサーバへの接続を拒否されました」なんていう表示が出て、
ネットに接続されません。ではどうすればよいか?

自動スタート設定をはずす

まず起動時にdolipoが立ち上がる設定になっている場合は、
その設定を解除します。
メニューバーにあるdolipoのアイコンをクリック。
150517-0007.png
起動時に立ち上がらないようにするには、一番上の「Start At Login」の
チェックを外します。
一番下の「Quit dolipo」をクリックしてdolipoを終了させます。
dolipoをもう一度使う場合は、macの起動後にアプリケーションフォルダの中にあるdolipoアイコンをダブルクリックして起動させましょう。
(当たり前か。。。)

プロキシ設定を解除する

dolipoを終了させただけで油断してはいけません。
次はプロキシの設定をいじります
システム環境設定 > ネットワーク」を開きます。
ネットワークウィンドウが立ち上がったら「詳細」をクリック。
「詳細」設定の画面で、上部タブの中から「プロキシ」を選択します。
そこで、
webプロキシ(HTTP)
保護されたwebプロキシ(HTTP)
の2つに入っているチェックを、外します。
こんな感じです。
150517-0008のコピー.png
これでdolipoを使わないでネットに接続できるようになるはずです。
dolipoをもう一度使うときは、プロキシの設定も元に戻すのを忘れずに。
(やっぱり結構、めんどくさいかも。。。)
きょうはこんな感じで、試合終了。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP