TEDキュレーターが自ら選んでおすすめする5つのTEDトーク

Photo:TED Talk By:urban_data

Photo:TED Talk By urban_data

TEDtaklsって知ってます?

TEDとは
Technology Entertainment Designの略で、

TEDtalksは世界中の各分野のトップランナーが、壇上で講演を行う様子をたくさん集めた録画アーカイブです。
ただTEDって面白いんですけど、たくさんありすぎて何を見ていいか迷うんですよね。

TEDキュレーターであるクリス・アンダーソンさんが、その厖大な録画アーカイブの中から、自身のオススメを発表しました。

英語の勉強にもよし、プレゼンテーションを学ぶもよし、シンプルに知識を身につけるによしのTEDのきっかけになればと思います。

スポンサードリンク

1. デイヴィッド・ドイッチュ:「遠くのクエーサーを夢見る化学的泡」

David Deutsch: Chemical scum that dream of distant quasars

Here’s a maverick physicist giving an eloquent argument about the power of knowledge… framed in an incredible talk, full of unexpected twists and turns. Deutsch helped convince me that knowledge is far more than just a weird evolutionary trick invented by one of earth’s species.
ここでは知識の力…信じられない話で囲まれ、予想外の紆余曲折に満ちについて説得力の引数を与える異端物理学者です。ドイツは知識が地球の種の一つによって発明さだけで奇妙な進化のトリックよりもはるかにであることを私に納得させる助けました。

2. クレイ・シャーキー:「組織というシステムと協力というシステム」

Clay Shirky:Institutions vs. collaboration

Back in 2005 Shirky spoke about how the web was enabling new models that should encourage institutions to ‘let go’ and allow others to do some of their work for them. I think it helped convince us that we should be willing to risk giving away our best talks for free online.
2005年にシャーキーは、ウェブは「行こう」と他の人が彼らのために自分の仕事の一部を行うことを可能にするための機関を奨励すべきである新しいモデルを可能にしたかについて話しました。私はそれが私たちが無料のオンラインのための最善の交渉を配って危険にさらして喜んでなければならないということを納得させる助けと思います。

3. ナンシー・エトコフ:「幸せとはいったい何か」

Nancy Etcoff:Happiness and its surprises

This is one of a whole collection of talks on happiness that have really changed my thinking and, um, I think actually made me happier. The science of happiness is counter-intuitive. Etcoff offers a great summary. This playlist has many more.
これは本当にええと、私の考えを変更している幸福に関する協議のコレクション全体の一つであり、私は実際に私が幸せたと思います。幸福の科学は直感的です。 Etcoffは偉大な要約を提供しています。このプレイリストは、より多くを持っています。

4. ブライアン・スティーブンソン:「司法の不公正について話さなければなりません」

Bryan Stevenson:We need to talk about an injustice

Bryan spoke about a tough subject – America’s broken justice system – in a way that was unbelievably compelling. He won the longest standing ovation in TED’s history. And I haven’t been able to get him and his cause out of my mind ever since.
ブライアンは難しいテーマについて話した – アメリカの壊れた司法制度を – 信じられないほど魅力的だったようで。彼は、TEDの歴史の中で最も長いスタンディングオベーションを獲得しました。そして、私はそれ以来、私の心のうちに彼と彼の原因を取得することができていません。

5. スティーブン・ピンカー、レベッカ・ニューバーガー・ゴールドスタイン:「遠くまで及ぶ理性」

Steven Pinker and Rebecca Newberger Goldstein:The long reach of reason

Unusual talk this one. It was given as a Socratic dialog. They reach the conclusion that pure reason has shaped history profoundly, though it sometimes takes hundreds of years. If the world bought into this view, we’d do a much better job of listening to each other. This version of the talk is delivered in animated form, via the brilliance of Cognitive’s Andrew Park.
珍しい話この1。それは、ソクラテスの対話として与えました。彼らはそれが時には数百年を要するものの、純粋な理由は、深く歴史を形作っているという結論に達しました。世界はこのビューに購入した場合、我々はお互いに耳を傾けのより良い仕事をすると思います。話のこのバージョンでは、認知のアンドリュー・パークの輝きを経由して、アニメーションの形式で提供されています。

引用はすべてTEDキュレーター クリス・アンダーソンさんのコメントです。
翻訳に関してはgoogle翻訳そのままなので、おかしなところ満載ですが…余裕があったら修正していきたいと思います。
英語サイトはこちらです。
What are the top 5 TED talks that you took away the most learnings from?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP