1日を良い気分に。3GoodThings

その日1日の中でよかったことを3つ書き出すという「Three Good Things」。

たったそれだけのことで1週間でうつが改善される効果が現れたこともあるようです。
実際にちょっとやってみた感想を交えて、やり方を簡単に紹介します。

スポンサード リンク



「Three Good Things」とは

就寝前に、その日にあった「よかったこと」や「感謝したいこと」「嬉しかったこと」など
ポジティブで前向きに思われることを3つ書き出し、それを継続する。
たったそれだけのことをするのが「Three Good Things」の行為になります。

なんでそれだけでよいのでしょうか?

なんでもないようなことが幸せになる?

なにか起こったときに、モノの見方はひとつではありません。
誰かにとってはよいことも、自分にとってはわるいことなんてことも多々あります。

物事自体にはいいも悪いもないのだとすると、
それがいいか悪いかは自分次第。
だったらポジティブに捉えてしまえというのが
この「Three Good Things」の根底にはあるように思います。

つまり、1日にあったよいことを探す行為自体が、
実はその日にあったなんでもないようなことをプラスのものとして受け止める
訓練になっているのです。

騙されたと思ってやってみると…

実際一週間くらいやってみると、夜寝る前に1日を振り返って3つよいことを探す
という行為って大変だと感じます。
そうすると楽したくなる。楽するためにはどうするか?
普段からよいことを探しておこうと思うのです、意識的に。

すると意外と見つかるものなんですよね、よいことって。
ちょっとしたことを有り難く感じたり、些細なことに嬉しくなったり。
そんな風に普段の生活をポジティブな目で見るようになります。

昔の誰かも言ってました。

「人は、見たいものしか見ない」って。

だったら「よいこと」をなるべく見るようにしておくと、
精神的にはよいのかもしれません。

つまり「Three Good Things」ってなんなんだろう?

「Three Good Things」は、そういった物事をポジティブに受け止めるためにする
毎日の訓練のひとつと考えてもよいかもしれません。

スポンサード リンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP