歯磨きのあんなコツこんなコツ

Photo:teeth By:wonderferret

Photo:teeth By wonderferret

どうも 歯の健康も考える らいぱちです。

虫歯が多いってわけでもないのですが、
正しい歯磨きのコツってあるんですね。


スポンサード リンク





①理想は食後30分

理想の歯磨きタイムは、ごはんを食べてすぐではありません。
食後の一服でもとった後の食後30分が理想です。

食後すぐに歯を磨いてしまうと、 口の中が酸性になっているので、歯の表面を傷つけやすくなっているから。

磨くときに力を入れすぎてしまうのもよくありません
力を入れすぎてしまうと、歯や歯ぐきに負担をかけてしまい、傷つけやすくなってしまいます。
歯ブラシの消耗も早くなってしまうので、おすすめできません。
優しく丁寧に磨くようにしましょう。

②就寝前も歯磨きタイム

食後30分と同様に、寝る前の歯磨きも大切です。

寝ている間は、口内環境を整えてくれる 唾液の量が減少します。

口の中を守ってくれるものが減ってしまうので、寝ている間は虫歯になりやすくなってしまいます。
寝る前の歯磨きは予防効果が高いということですね。

③磨く順番を決めておく

これは意外と決まっていることが多いかもしれません。
右利きの人だったら、口の中に歯ブラシをいれやすい左側だったりするかと思いますが、
ポイントは、 磨きにくい場所から磨き始めること。

人はやり始めの頃が集中もしているので、念入りにやってしまうもの。
そうすると磨きにくい場所が後に残ってしまい、
ブラシの回数も減ってしまいます。

最初に苦手な場所からはじめるように、磨く順番を決めておくと効果的に歯磨きすることができます。

右利きの人は右側から、左利きの人は左側からと覚えておくと早いです。

④うがいはしすぎても、しなくてもダメ

うがいのやりすぎは歯磨き粉の成分効果を低下させてしまうので、
うがいをしすぎてはいけません。

フッ素濃度の高い歯磨き粉を使っている場合は1・2回、それ以外は4・5回が理想

ライフハッカー

うがいのときに気をつけたいポイントは フッ素成分定着ということなので、
なるばくしすぎない方がよいのでは、ということです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP