ストレッチは朝するべきか、夜するべきか?

Photo:dsc03273 By:xamogelo

Photo:dsc03273 By xamogelo

どうも らいぱちです。

年末年始に向けて、暴飲暴食しちゃいますよね。
運動も寒いからどうしてもサボりがち。

ストレッチくらいのちょっとした運動するなら朝するのがいいのか、夜するのがいいのか、
どっちなんでしょう?

スポンサード リンク






ストレッチのもつあんな効果こんな効果

肩こりや腰痛を軽減させることができるストレッチ。
毎日続けるといろいろな効果が現れます。

ダイエット効果

リンパの流れや血流がよくなるストレッチはにはダイエット効果があります。

リンパの流れが悪いと、老廃物が蓄積されるむくみやすい体になってきます。
またリンパの流れが悪くなると脂肪がつきやすくなって、太りやすい体にもなります。
ストレッチはリンパの流れをよくして、太りにくい体にする効果があります。

美肌効果

ストレッチには筋肉のこりをほぐす効果もあります。

筋肉のこりがほぐれることで、血行がよくなり、結果美肌に必要な栄養素や酸素が、各細胞にちゃんと届けられるようになります。
その結果新陳代謝も促されてしみやくすみの予防になり、つまりは美肌効果が現れます。

便秘の解消

血行がよくなるストレッチには、便秘の解消にも繋がります。お腹まわりの筋肉を動かすと腸を刺激するのが効果的です。

血圧低下や動脈硬化予防

血流がよくなったり、リラクゼーション効果があることから、血圧低下や動脈硬化の予防としても、ストレッチは効果的です。

朝ストレッチする効果

  • 体の関節をほぐしている
  • 体の緊張をほぐず
  • 褐色脂肪細胞を活発化させ、脂肪が燃焼しやすくなる
  • 交感神経が働きやる気が高まる

朝のストレッチは睡眠で体温が下がり代謝が落ちている眠った体をほぐし、活性化してくれます。
その日1日を元気に過ごすために行うという意味で有効です。

夜ストレッチする効果

  • 昼間のストレス解消
  • 疲れた心と体をほぐしリラックス効果がある
  • 副交感神経が働いて穏やかな睡眠がとれる
  • 寝ている間に褐色細胞が働き、脂肪燃焼に繋がる

夜のストレッチはリラックス効果をもたらします。
入眠のサポートを目的にするのが、より効果的です。

朝と夜のストレッチは効果が違う

朝と夜ではストレッチして得られる効能が違います。

違いを意識しながら朝も夜もストレッチするのが、いいんですね。

きょうはそんなところで試合終了。

スポンサード リンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP