アメリカで流行した花粉で花粉症を抑える方法

花粉症なんだけど、なるべく薬に頼りたくない。
そんな方も意外と多いのではないでしょうか?
かくいう私も、「薬には絶対頼りたくない」派のひとりです。

薬じゃない花粉症対策

ちょっと話しに聞いたのですがアメリカで、なにやら意外なものが花粉症対策に
使われていて、それがまた効果的らしいのです。
もちろんその意外なものは薬ではありません。
その意外なものはなにかというと、「ピーポーレン」と言います。
ミツバチの足についている花粉団子のことなんだそうです。

「ピーポーレン」とは

「ピーポーレン」が持っているある特徴が、花粉症に効くということです。
その特徴とは、一度アレルギーになった状態から脱する
ことのできる「脱感作」という効果です。
ピーポーレンを摂取することで、この脱感作が起こり、
アレルゲンを除去したり軽くしたりする作用が働くのです。

花粉で花粉症対策

つまり、花粉をもってして花粉症の症状が抑えるというのが、
ピーポーレンを摂取することの意味です。
花粉で花粉症を抑えるというなんとも不思議な話しですが、
体験した人の多くが非常に早くその効果が現れたらしいです。
天然のものなので、薬とは違いますし
はちみつと一緒にヨーグルトなんかにかけて食べると食べやすく摂取できるとのことです。
1日5グラムほどを摂り続けるのがよいとか。
免疫力を高める効果もあり、サプリメント感覚試してみるのもいいかもしれません。
※「ピーポーレン」に関しては、効き目に個人差があり
過剰に反応が出やすい人もいるようなので、
取り扱い等にはくれぐれもお気をつけ下さい。また使用の判断は自己責任でお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP