ぼくがしたWordPress日本語化マニュアル

Photo:WordPress Stickers Everywhere By:teamstickergiant

Photo:WordPress Stickers Everywhere By teamstickergiant

どうも。らいぱちです。

BitNamiを使ってwordpress(バージョンは4.4.0でした。※2015/12/22現在)のローカル環境の構築ってのをしてみました。

普通にインストールするだけだと、日本語選択できないんですね、これがまた。

ググって調べてみたものの、PC環境が違うせいかドンピシャな
チュートリアル的記事を見つけることができませんでした。

どうにか無理矢理日本語化にできたのですが、絶対そのうち忘れてしまうので、
そうなる前にその覚え書き。

スポンサード リンク





何はともあれ英語版wordpressをダウンロード

Bitnamiからダウロードすることができます。
WP_setup003_download.png
OSの環境によってwindowsやらMacやらダウンロードボタンが違うので
そこにも注意してクリック。

今回はMacOS用のwordpressをダウンロードします。
さらにひとつのwordpressで複数のブログを管理できるという
WordPress Multisite 4.4-0 (64-bit)の方をインストールします。

ダウンロードできたインストーラーの案内に従って
nextボタンをぽちぽちしていけば、インストールはカンタン。

注意が必要なのは「CREATE ADMIN ACCOUNT」のところ。
WP_setup001_create account.png
ここの「Log in」と「Password」で入力したものが、
インストール後wordpressを立ち上げるログイン名とパスワードになります。
忘れないようにしておきましょう。

次のページの「Blog name」は後で変更できるので、そのままでもOK。

「Host name」は「localhost」か「127.0.0.1」に変更しておきます。

WP_setup002_hostname.png

そんな点に注意しながら無事インストールできたら、
Bitnamiの場合こんな画面が立ち上がります。

WP_setup004_bitnami go to application.png

「Go To Application」を選択するとブラウザに↓こんな画面が
立ち上がると思います。
WP_setup005_hello.png
wordpressのデフォルトになっているテーマでしょうか。
詳しくはわかりませんが、このままでは何もできないので、
wordpressのダッシュボードを開く必要があります。

そのためには下にスクロールします。

すると「Log in」と書かれたクリックできそうな所があるので、
そこを徐にクリックします。

Login nameとPasswordを入力できる画面が立ち上がりますので、
インストール時に設定したログイン名とパスワードを入力すると…
見事wordpressのダッシュボードに到着です。

日本語設定ができない!?

英語版wordpressをダウンロードにしているので、
最初のUIはすべて英語です。

これでは使いづらいから、日本語にしていきたいのですが、
どうやらぼくの環境では「Setting」>「Site Language」の
選択項目に「日本語」がでてきませんでした。
(なんで?そういうもんなんですかね、よくわかりませんが)

なので、自力で日本語化に挑戦です。

Bitnami wordpressの日本語化

英語版wordpressを日本語にするには、日本語化ファイルをいれる必要があって、その後に日本語設定にセッティングを買えればよいようです。

1.インストールしたWordpressフォルダを開く

インストールしたWordpressフォルダを開いていきます。
「apps」>「wordpress」>「htdocs」>「wp-config.php」ファイルを見つけて開きます。

このとき僕の環境では「htdocs」に進入禁止マークがついていて、管理者権限がないと開けなくなっていました。
そんな場合は「情報」(⌘+i)を開いて権限を変更してフォルダを開けるようにしてしまいましょう。

同様にwp-config.phpも変更不可の状態になっているかもしれません。
その場合も権限を変更して、上書きできる状態にします。

2.define(‘WPLANG’,’ja’);を追加する。

WordPressが日本を認識できるコードなのでしょうか、詳しくはわかりませんが、
「define(‘WPLANG’,’ja’);」というコードを追加します。

ググってみると

73行目当たりにある「define(‘WPLANG’,”);」を「define(‘WPLANG’,’ja’);」に書き換える

などと書かれていたりしたのですが、僕の環境だとdefine(‘WPLANG’,”);自体がないみたいだったので、
一番最後の行にまるごと追加しました。

3.Wordpress日本語公式サイトにアクセスする

WordPressには日本語版を配布しているWordPress日本語公式サイトがあります。

そこから日本語版のwordpressをダウンロードしましょう。

最初から日本語版をダウンロードすればいいのではないかと思いますが、
いろいろあるみたいなのでとりあえずスルーします。

4.Wordpress日本語版のファイルを移植する

ダウンロードした日本語版を展開して、日本語たらしめているファイルを移植します。

「wordpress」>「wp-content」>「languages」を開いて、ja.moやja.poとついている8つのファイルをコピーします。
(admin-ja.mo、admin-ja.po、admin-network-ja.mo、admin-network-ja.po、continents-cities-ja.mo、continents-cities-ja.po、ja.mo、ja.poの8つ)

それらファイルをごそっと、英語版のlanguagesフォルダに移植します。
(「apps」>「wordpress」>「htdocs」>「wp-content」>「languages」)

5.ブラウザからWordpressの管理画面へアクセス

日本語化ファイルを英語版に移植できたら、Bitnamiアプリケーションから
Wordpressを立ち上げましょう。

再び管理画面の「SETTING」を選んで「Site Language」を選択すると、
プルダウンの中に「日本語」がはいっています。

今回ぼくはマルチサイトのWordpressをインストールしましたが、
サイトネットワーク管理の方と個別のブログサイトと両方の言語設定を
日本語に変更することで、無事日本語の管理画面にすることができました。

今回はちょっと強引なやり方かも知れません

ググって検索すると、SETTINGのSiteLanguageからすんなり日本語を選択できたりされている人もいるみたいですし、
Wordpress自体もwp-config.phpの書き換えはあまり推奨していない
ような記事もちらほらみかけたりしたので、
やり方が違う、もしくはダウンロードの仕方自体が違うのかも知れないです。

それでも似たような問題で困っている人がいて、
もし参考になったら幸いです。

きょうはそんなところで、試合終了。
長々とありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP