これ絶対やっておこうリンクの設置

どうも。無駄に四死球 らいぱちです。
世界中にはいろんな無料ブログサービスがありますが、
そんなあまたあるブログサービスの中から
「seesaaブログ」を選んでみたなら、ブログを書き始める前に「これ絶対やっておこう」というポイントがあります。
どれも無料でカンタンにできるものばかりなので、ぜひやってみてください。
きっと、なんにもしないよりはアクセス数がアップしたり、いいことがあったりするはずですよ。
今回は、意外に地味な作業の内部リンクの貼り方です。


スポンサード リンク





サイト内での移動はらくちんな方がいい

トラックバックやコメント送信、サイト登録などをして外部からのリンクを増やすことも大切かもしれませんが、自分のブログ内に内部リンクを貼ることもユーザビリティの面から考えても大切です。
関連する記事がブログ内にある場合、ちょっとクリックしてみたくなりますよね。
内部リンクを貼るためにする作業は、意外と地味にアドレスのコピペを行うことでした。

seesaaブログの内部リンクの貼り方

seesaaブログの記事投稿画面にいくと、画面上部に鎖(くさり)マークのアイコンが表示されています。
これが記事中の文字にリンクを設置するためのアイコンになります。
01_記事投稿画面リンクアイコン.png
リンク先のアドレスは、リンク先の画面をブラウザに表示させて、そのURLをコピー。
リンク先のアドレスがコピーされた状態で、記事投稿画面中の
リンクを貼りたい文字をハイライト表示させます。
そこで鎖マークのアイコンをクリック。
するとURLを記入するボックスが現れるので、そのボックス内に
コピーしてあるURLをペーストします。
02_URL入力ボックス.png
その後は、保存して終了。
これだけでリンクの設置は完了です。
ブログに反映されたか確認してみましょう。

リンクは「こちら」は不親切

よくリンクに使われるものに、「こちら」の部分にリンク先のアドレスが設置されているものがあります。
まあ、リンク先がどんな内容か人目でわかれば問題ないように思いますが、
「こちら」などの言葉だけにリンクを貼るのは検索エンジン的によくないようです。
リンク先の内容がわかるように「リンクはこちらだけではいけない理由」などといった文章にリンクを設置した方が好ましいです。

わかりやすいのは青い色

リンク先の内容のわかりやすい言葉にリンクを設置した方がよいように、
リンクの色もわかりやすさには重要です。
基本的に青がリンクになっているので、色を変更しておきましょう。

やりすぎも禁物?

ページの遷移にとっても便利な内部リンクですが、
やりすぎるとサイト内のリンクがごちゃごちゃになってしまって
検索ロボットに嫌われることもあるそうです。
何事もやりすぎは禁物で、サイトの使いやすさを重視した内部リンクを貼りましょう。
きょうのところはこんなところで試合終了。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

PAGE TOP